らいちゃんの人生墜落日記Part2

主にVintage Crown/Ureiアンプ修理が得意な、オーディオ機器修理人です。(他社もOK)他ではまず無い濃ゆい映像機器ネタあり、きゃりーぱみゅぱみゅさんの大ファン。

薬屋のひとりごと、とりあえず現時点での個人的まとめ

私はアニメから入った人なんですが、歴史としてはWeb小説→違う人が小説出版→漫画化(2社)→アニメ化、という流れです。小説も実はもう1冊だけ密かに売れなかったのがある様子。
で、ボケーっとアニメ見ていると壬子の行動がイマイチ理解できないんですよね。
なんでかんざしを猫猫にやるごときで顔赤くしてんの?と思いました。
解りにくいので、そっからガンガン版の漫画を購入。ここでようやくそれなりに流れが掴める。
漫画とは言え、上っ面読むだけだとまだ解りにくいので、3回くらい掛けて読み直す。
そうすると物語に思いっきり引き込まれると共に壬子さん、あんた最初っから猫猫にべた惚れやん、と。
最初はおもしろい玩具にしか思ってなかったのに、漫画1冊内ですっかり好きになっとる。
この辺はアニメで説明がないので、その辺は漫画で補完するといいかも。
わりかし美少女気味に書かれるガンガン版に対し、少し落ち着いた感じのサンデー版。
こっちも気になりますよね。全巻購入して読みましたが、ガンガン版に比べると拾いきれてない感じがありますが、これはこれで良い感じです。どっちも気に入りました。
さて、小説版ですが、これも全巻買いました。Web小説版も面白いのですが、やっぱり深すぎて難しいです。
小説版ですらちょっと厳しいですね。歳ってのもありますけども。
時々、性的にとんでもない内容が見受けられますが全体的には面白いので人気の高さも納得です。
小学生には早いと思います。せめて中学生から。
アニメはやっぱり色がついて動き、声が追加されるのがいいです。画もとても綺麗。
声優の悠木碧さんがやっぱり凄いのよね、時々出てくる言葉遣いの悪さとか、いい感じで表現されていると感じます。それから玉葉妃最高。あの子=壬子さんですよね。
未だにアーニャ=玉葉妃=フリーレン、が信じられん。(笑)